原シンポの準備 838

税務署に出す書類が終わったので、日曜日は『水滸伝』を最終話の43巻まで借りてきて、タラタラ観ては、ゴロゴロしていた。珍しく娘もテビ様も家にいて、2人してKポップのDVDを何やら語り合いながら観ている。母娘というのは、やはり女同士だけあって仲が良い。時々娘は「琵琶湖毎日マラソン」に切り替えては、全てのランナー🏃‍♂️🏃‍♂️🏃‍♂️を応援している。とにかくアスリート贔屓なんだなぁ。

娘は土曜日から、期末試験の答案返却日と終業式を除けば、4月の新学期まで1ヶ月の春休みに突入した。とはいえ相変わらず朝早くから陸上部の練習に出かけて、私はひとりのんびり、と言いたいところだが、今週土曜日にプレスセンターで開かれる原寿雄さんの追悼シンポジウムがあるので、その準備に入る。

まぁ原さんの思い出は少し語るけれど、やはり今日の、放送メディアへの国家管理の急速な進行状況をどう打破するのか。またジャーナリズムの二極化と国民全体の保守化傾向、強者絶対主義社会に我々はどう立ち向かうのかと云った点を整理して話したいと考えている。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク