娘と二人 729

今週月曜日から始まった娘の後期中間テストが終わった。家人は、スノーマンのコンサートとかで、お台場のFジテレビ📺📺📺に出かけていて、今夜は娘と二人飯だ。

▼このブログでお分かりの様に、娘は17歳、私が48歳のときに生まれた孫の様な存在だ。42歳だった家人に、「生涯最後のチャンスだから」と懇願された。まぁ神様がくれた赤ん坊👶🤱と言うわけだ。私の人生を変えた2人の女性のひとりが、娘でもある。

▲山助の特売日だったラッキー🤞🤞🤞ウニ、筋子、アンコウがどれも1000円❣️

▼それだけに、普通の娘とは、ちょっと違う感慨がある。まず殆ど叱ることがない。家人はよく叱るが、あれは習慣の様なもので、本人も私も意に介していない。殊勝な顔をしているが。

▲熱湯を注いだ金目鯛を氷水に浸けて、ペーパータオル^で水を切る

▲アンコウは、宮城産だが、肝は中国 私は、「海は繋がっている」と、中国、韓国ものでもこだわらない。

▼これからの話は、老人ならではの親バカチャンリンなので、ご寛恕戴きたい。苦手中の苦手な数学のテストが返ってきて、97点だった。クラス平均が、ちょうど60点だったと言うから、彼女にしてみれば、天にも昇る気持ちだろう。

▲煮付用の頭とアラ

▼しかも、いつも5〜60点そこそこの物理も、先生からわざわざ呼び止められて、「良く出来ていましたね」と言われたと云うから、「きっと良い点に違いない。超最高❗️卍卍だ!」と大騒ぎする。ところで、「卍」って何や❓

▼そんなこんなで、ここからが年老いた両親の対応だ。家人は不在のため、全て私が買い物を任され、娘の好きなもの「一挙食べ放題」と相成った。彼女の大好き❤💕😘が以下の通りだ。

▼①アンコウ鍋 ②金目鯛の刺身 ③金目の湯引き ④金目の煮付け ⑤帆立貝の刺身 ⑥帆立貝焼き ⑦ウニ の7点セットだ。間に合わなかったのは、京都大藤の千枚漬けぐらい。明日には届くはずだけど。

▼こう書くと豪華絢爛の様だが、、アンコウ、金目鯛、帆立貝、ウニの4点を求めれば、大満足と云うわけだ。脚が全く痛くなくなって調子がいいので、新横浜の山助まで出かけたのは正解だった。新鮮な良い魚ばかりだった。

▼練習から帰った娘は「最高❗️超最高❗️」を連発しながら、箸を動かす。私も11月15日❓以来2週間ぶりか。ビターレモン酎ハイ➕25度甲類焼酎を2本飲む。とうとう本格的に復活したぞ‼️

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク