東京駅ー西日暮里ーアメ横で遊ぶ 784

本格的なムクナ豆栽培をしている宇都宮のO野益通さんとN良武さんと東京駅で待ち合わせて、今後の栽培や焙煎して挽いた粉をどのように扱うか?販売するのか?その時の販路はどうするのか?

薬事法で、「パーキンソン病などに効能がある」と紹介できないので、どういう扱いをするのか?などについて話し合った。何と言っても、とんでもない広大な土地を借りて栽培しているのだから、これからどうする?は、気になるところだ。

東京駅八重洲口のニュートーキーだったので、ランチは「昔なつかしナポリタン」とカフェラテ☕️を注文。学生時代には、よく喫茶店で食べた。あの頃はコーヒーが飲めなくて、ミルクティーにしていた。どこの喫茶店もこれかカレー🍛が定番だった。

何でも、というか基本的な時間設定を大学の授業と同じ90分〜100分にしているので、午後2時30分をめどに引き揚げた。この後西日暮里に回って羽二重団子を購入。そうそう、あの『吾輩は猫である』に出て来る「芋坂の団子」だ。東京、上野方面に行ったら、これを買わないと娘やテビ様(家人)に、「えっ❗️買わなかったの〜」とガッカリされること必定だから。

▲買って帰るやあっという間に、残り僅か。二人ともすこぶるご機嫌。これ↑は今日の分だという。

帰りはお決まりのアメ横『文楽』で、牛煮込み、ニンニク味噌焼き鳥、辛子焼き鳥、レバー、皮、マグロのブッ、自家製お新香を肴に、熱燗、生ビール、ハイボールを立て続けに呑む。ビニールで風除けをしているが、寒いのなんの。我慢がまん。で贔屓のスーちゃんは? 学校に行っていて、来るのは午後5時からと聞いて、ガッカリ。「こりゃ待ってはおれんな」と、40分ほどで帰宅の途に。

アメ横は、食べる所だけではなく、結構愉しそうなお店も多々ある。上野駅に戻る途中には、こんな(写真参照)好い店もあって、ついつい入りたくなる。

▲「手を触れないで下さい」の注意書きに、思わずニンマリ。好いね❣️ 恥ずかしいから、こんど二(木啓孝)ちゃんかT橋宗(和)ちゃんと一緒の時に入ろう。

このショップの目と鼻の先に、いつも気になるカレー🍛🍛🍛屋さんがある。そのメニューの看板を高校生が群がって見ている。彼らに先を越されると席がなくなるかも、とついつい入ってしまった。「ビーフカレーご飯3分の1」の注文に、お店の人が「う〜ん???3分の1」食べた私は、「う〜む」個性的な味であった🤭🤭🤭。

帰りは菊名の東急ストアの中にある『能登屋』で、おでんのタネ🍢🍢🍢を大量に買い込む。OKストアでも、帆立の炊き込みご飯の素やおでん用のタコ、コンニャク、巻き白滝、大根を調達した。卵や昆布はあるし、今夜はこれだけ❣️

いや明日(14日)も私一人なので、これでいい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク