寒風の中のウォーキング 816

朝から15日締め切りの原稿に着手した。3分の2済んだところで、夜の買い物に行く。娘は陸上部の先輩の卒業記念アルバム制作にかかりっきりで、家人も書類の作成で忙しそうなので、昼飯はウォーキングの途中に、ひとり近くの蕎麦屋でカレーうどんを食べることにした。

立春を過ぎたとはいえ、昨日とはうって変わって寒い😵😨❄️。いや風が冷たい上に強く吹いていて歩きにくいほどだ。早くカレーうどんを、と店の前まで来て驚いた。

たまに行く蕎麦の2階に日の丸の旗が、はためいているではないか。ええっ🤯🤯🤯❗️ドン引き。「そんな店だったのか❗️」我々敗戦後一桁生まれは、戦後民主主義の申し子の様なところがあって、この手の店は回避するクセがついている。

結局カレーうどんは諦めてウォーキングに専念。I木寛之さんの住んでるマンションの下を通って、普段行かない釣り堀を回って60分の予定を40分に切り上げて帰る。熱い風呂に「登別温泉の素♨️」を入れ、ゆっくりのんびり時間をかけて身体をほぐす。

娘に頼んで「ケンタッキーフライドチキン」とコールスローを買って来てもらう。3年ぶりくらいに食べる。普段は、この手のジャンクフードは、ほとんど食べないが、稀に食べたくなるから不思議だ。さすがに2本まで。

娘は午後4時前に塾に行ったので、私は原稿の続きを、と机に向かうが何となく気が乗らない。いかんなあ。こういう時は、晩飯の準備をするに限る。今夜は金目のしゃぶしゃぶ。とき酒(日本酒+味醂+昆布+梅干し+砂糖)をベースにした鍋に金目の刺身をしゃぶしゃぶして食べる。家人は、胃が痛いというので、娘と二人で食べる。今日も何もない、老人の一日だつた。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク