西麻布ワインバー『ゴンタ』お別れ会 ③ 856

『ゴンタ』に来ていた客で結ばれたカップルも結構いたが、昨日はI田文孝夫妻が来ていた。本当に懐かしい。お医者さんと看護婦さんが恋仲になって結ばれた、テレビドラマのような紆余曲折あったカップルだけに嬉しいね😃😆😊😂。今や中学生の娘が2人いて、近々都心に引っ越してくるという。『御茶ノ水イカ🦑🦑🦑センター』辺りで飲めそうやなぁ。

▲若き日のモリタクと

大手外資系の企業に勤めていたAちゃんは、数年前に会社を辞めて、母国語同様の英語を駆使して活躍しているという。人気の若者だったM田拓也通称モリタクは、税理士に。みんな色々、この20年の時を経て変わっている。私だってこの頃は、まさか大学の教員になるとは考えてもみなかった。傷心を抱え続けていた私は、この後大きく生活が変貌する。

▲お母さんを挟んであんちゃんといくちゃん

▲私の右側が今のモリタク

お別れ会は、今日も開かれていたが、可笑しな話で、こんな事情で行かなかった。

今朝テビ様 (家人) の要請で、「滝沢歌舞伎」(ジャニーズのタッキー主演) のチケットを電話で予約する為、午前10時から娘も私も駆り出された。娘は自分と私の携帯2台でほぼ同時に、私はテビ様のガラケー携帯で、ご本人は固定電話と、4回線を使って『松竹』のコールセンターに電話をかけ続けた。大体ひとり600回くらいかけると通じるかもしれないと言われて、40分ほどかけ続けたところで、テビ様の電話が当たった🤙📞。疲れた〜。

▲テビ様に「お鼻とお口がお父さんそっくりね」と言われてブータくれる娘

そのお礼にと、午後1時半過ぎに横浜の回転寿司屋『伊豆』でテビ様のおごりで暴れ食いとなった。さすがに日曜日とあって満席だつたが、🤭🤭、15分ほど待っただけでテーブル席でゆっくり食べることが出来た。私は例によって「おすすめ」ネタの刺身、時々極小シャリでウニやイクラ、干瓢巻き、梅紫蘇巻き、再び刺身に戻って、今度は「純米酒山田錦」でいっぱいいく。

その間、娘は突撃隊のように食べまくる。テビ様はたくさんは食べないが、良いネタを決め打ち。ということで、昼間からほろ酔いイイ気分。「玉孝(玉三郎&孝男=仁左衛門)の夜の部を観に行く」というテビ様と横浜駅で別れて、娘と自宅🏠へ。帰る途中『石堂書店』に寄って定期購読の「月刊小説すばる」と「おとなの週末」を受け取る。家に着くとそれぞれ「疲れた〜」と、すぐに🛏ベッドへ。💤💤💤💤

昨夜は、『ゴンタ』の帰りに大倉山で降りて、『ほうろく屋』に寄った。まずは梅干しとらっきょうで生ビールを一杯。それから先日娘にほとんど食べられた鯨の🐳🐋刺身とベーコンで、ハイボールを3〜4杯。気のいい隣の若夫婦をからかいながらご機嫌で帰った。大倉山0時36分の横浜行き最終電車🚃🚆に、間に合った。ラッキー🤞

だけど今朝から何となく睡眠不足💤💤💤💤

そんなこんなで、今日は『ゴンタ』には行かず、ゴンちゃんには、フェイスブックに「今月中、雨の降らない日に、梅酒もらいに行きます」と書き送った。お母さんが漬けた1972年ものの梅酒、とっても美味かったな(^。^) また私の安住の場所、癒しの里が無くなった。春は別れの季節でもある。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク