終日弓立社の法人税、終われば原稿11枚 疲れた〜 894

キリギリスの様な人間なので、目先の楽しさに時を費やし、ついつい面倒なことは後回しにしてしまう。分かっちゃいるけど止められない。

ひとり出版社『弓立社』の法人税を会計士に見てもらうため、朝から領収書の分類、計算をする。すぐ飽きるので、途中OKストアに晩飯の食材を買いに出かけた。今夜はおそらく今季最後❓の「ねぎま鍋」にした。マグロ屋の宮川商店が久しぶりに店を開けたから、14時開店のところ、20分前から『小説すばる』5月号の「チンギス紀」を読みながら待つ。

1番乗りが良いのは、中トロ、大トロ、好みが選り取り見取りな上、ねぎま鍋に最適なマグロのブツが3〜400円でいっぱい買えるし、カマも安く手に入る。これに娘用のウナギを2匹購入した。

21日と22日は、本チャンの支部大会があるからだ。これの上位に入らないと都大会、関東大会、インターハイに出場出来ない。彼女のパワーの源というか、ジンクスは、大会の前夜と当日の朝、ウナギを食べることだ。お安い御用だと買ってくるが、テビ様と私は食べない。とんでもなく立派なウナギだが、パワーを分散するとまずいからだ。だから大会のない時に、我々は食べる様にしている。律儀やなぁ〜。

『シカゴ・タイプライター』という韓流ドラマを見ながら領収書の整理と計算をするので、結局終わったのは、午後4時半過ぎだった。疲れた。郵送するついでにTUTAYAで借りていた『奇皇后』10枚を返しに行き、大倉山の焼き鳥屋で15本焼きたてを買って帰る。すると午後5時を過ぎたばかりなのにテビ様が帰って来た。「えっ🤯🤯🤯⁉️」なんと言うことはない。有給を取ってタッキーを観に行ったのだと言う。偉いよね。私もガッキーが舞台なんかやったら毎日行くなぁ。

野菜サラダの具材もいっぱい買ったけれど、作る暇がなかったので、ねぎま鍋と焼き鳥だけのシンプルなおかず。いやいや夕べのおでんが残っていたので、それも食べる。なかなか染みていて美味いね。おでん🍢🍢🍢ダネは、『能登屋』なので、美味い😋😋😋はずだ。娘が大好物の『銚子のはんぺん』を昨日新横浜の山助まで買いに行ったが、入れ忘れたので、改めて今夜。

娘は珍しく午後6時過ぎに帰って来たので、3人揃って夕飯。焼き鳥の皮が美味いんだなぁ😋😋。私はカリカリよりシンナリ系が好み。マグロの「ねぎま鍋」と焼き鳥の「ねぎま」というのも可笑しな組み合わせ。瞬く間になくなった。

糖尿病患者は、お腹が朽ちると眠くなるという習性がある。ベースターズ戦を見ながら書斎のベッドで爆睡した。そりゃ不慣れな計算をしたのだから、疲れるわなぁ。

午後11時過ぎに目が覚めた。あっ🤭🤭🤭 明日正午締め切りの原稿を書かなくては。始めると早いというか、トイレとコーヒーを入れた時間以外、3時間ほど集中して予定の分量の倍以上、4400文字の原稿を書き上げた。疲れた〜。これから「チンギス紀」の続きを読みながら眠る。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク