朝も昼も親子丼 904

雨の中を午前7時前にS経新聞を買いに『セブンイレブン 妙蓮寺店』まで出かけた。何だかとても「親子丼」を食べたい気分で、一緒に買って帰った。テビ様から「こんな立派なシャケを焼いたのに・・・」と言われたが、「食べたい時が、美味い時😋😋😋」と煙に巻く。第一、シャケはおかずじゃないか。一緒に食べる。

実は『セブンイレブン』の「親子丼」は、なかなか侮れない美味しさなのだ。『中華丼」も美味しいし、「カツ丼」も良い味出している。コンビニとは思えない、そんじょそこらの定食屋さんよりは、勝っていると思う。「おでん」もそうだけど。

父の33回忌の法要のため杵築に帰るのだが、余りに雨が☔️☔️酷いので☔️、早めに家を出る。大谷翔平投手が1点取られて気にはなったが、間に合わないとまずいので、無い後ろ髪を引かれる思いで駅に向かった。

横浜駅の京急ホームはギッシリ。幸いやっと来たらしい特急にほとんど待つことなく飛び乗ることができて、予定より30分も早く羽田空港に着いてしまった。

時間は十分すぎるほどあるので、『うちのたまご』で、「親子丼」を食べる。新鮮な卵がウリで、「卵かけご飯」と「親子丼」「たまご丼」の3品しか無い。お嬢さんたちに混じって、初老の女性頭の様なお母さんが、口うるさく客あしらいするのが気になった。サービス業には向かないタイプだな。

「親子丼」は、『セブンイレブン』クラスだが、追加で付く生卵を残りのご飯にかけて食べると、抜群の美味さだ。次回食べることがあれば、「卵かけご飯」がいいかも。

お土産は、この30年余り『花園万頭』の「ぬれ甘納豆」と定番だけど、みんなは「あっ🤭🤭一平が帰ってきたな」と思う。8個買うとさすがに重い。帰りの土産は、大分の銘菓『ザビエル』。ちなみにお中元、お歳暮、贈答は『魚久🐟🐟』の「酒粕漬け」(他には作ってないんだけど)。ここでは関係ないか。アホですみません。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク