プロフィール

坂上 遼 さかがみ りよう 探訪記者(Reportage writer)

本名・小俣一平(おまたいっぺい)1952年大分県杵築市生まれ1958年 杵築市立杵築幼稚園 卒園1964年 同杵築小学校卒業 1967年 同杵築中学校卒業 1970年 大分県立杵築高校卒業 1976年 東京経済大学経済学部卒業 2007年 早稲田大学大学院公共経営研究科修士課程修了 2010年 同博士後期課程修了(博士・公共経営)。

1976年 NHK入局 同年6月〜NHK鹿児島放送局 1982年8月〜2010年 3月定年退職まで 社会部記者、司法キャップ、社会部デスク、社会部担当部長、NHKスペシャル・エグゼクティブプロデューサー、放送文化研究所研究主幹。10年4月〜17年3月東京都市大学メディア情報学部教授 。17年〜武蔵野大学法学部客員教授、13年〜早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース兼任講師。この間 2005年〜2017年 中央、東京経済、同大学院、08年大妻女子、08〜11 青山学院 兼任講師。

2001年〜探訪記者 (Reportage writer)、2010年〜 一般社団法人「ゆかり協会」理事 、2011年〜有限会社「弓立社」(出版社)代表、2014年〜 週刊文春「トイレ探検隊」隊長、2018年〜「老人力同盟」事務局長、「日刊ゲンダイ」コラムニスト(隔週月曜日担当)

日本マス・コミュニケーション学会、日本出版学会、メディア史研究会、日本ペンクラブ、居酒屋観察学会、日本トイレ協会、ムクナ会 老人力同盟 所属

【恩師】

小島晋治先生(故人 東京大学名誉教授)、佐藤孝義先生(故人 杵築小学校教員)、伊藤公範先生(杵築高校教員 妙徳寺和尚)、縣公一郎先生(早稲田大学大学院教授)

【尊敬する人】

本田靖春さん(故人)、原寿雄さん(故人)、溝口敦さん、二木啓孝さん、村山治 さん

【師匠】

NHK 矢野敏行さん、滋野武さん(故人)、井手上伸一さん

南日本新聞 久本勝紘さん、江田峯生さん、増留三朗さん、日高和広さん

文藝春秋 内藤厚さん(故人)

合気道 井上賀臣先生

▲東京経済大学大学院の「テレビ報道論」の講義で

▲早稲田大学院修士1〜2年の院生たちと

【著書】

坂上遼

 朝日新聞出版 村山治、松本正との鼎談集

大鹿靖明インタビューの1人として

小俣一平

 花伝社 原寿雄編

 有楽出版社 喜多條忠編

 講談社 坂上遼

  講談社 坂上遼

  情報センター出版局 坂上遼 2003年度講談社ノンフィクション賞最終候補作

この他 【文藝春秋ビジュアル文庫】の「B級グルメシリーズ」で『セイシュンのB級グルメ』『東京自由自在』『東京一番しぼり』『おいしい銀座』『おいしい銀座 2 』の5冊に、渋谷照美(シブヤのテレビ=NHK)のペンネームで執筆

雑誌系では『文藝春秋』『月刊現代』(現在休刊)『世界』『週刊文春』『週刊現代』『日刊ゲンダイ』に執筆多数

【仲良しになれる人】

自由奔放、破天荒、イタズラ好き、ひょうきん者、おっちょこちょいな人、お茶目な人、明るい助平、挫けぬ助平、寡黙でも、でなくても明るい人、自分を持っている、でもどこか抜けてる人、素朴な人、何かを失った人、質素なアウトドア派、質素なひとり旅、安くて美味いものを自慢し合える人、タクアンのシッポも食べる人、ええカッコシーな人(親友 故•山田英幾は別格官幣大社)、映画や演劇、演奏会に行ってついつい眠ったりするヨハネス•ブラームスの様な人、お年寄りと子どもと女性に優しい人、弱き側に立つ人、残酷になれない人、豆腐の意志の様な人、持続する志に憧れるが持続できない人、立場が変わっても付き合い方を変えない人、ざっくばらん、まるでお主は屁の様な、阿保な人が好きなんですわ、自分がそうだから。

【好きな女性】

緋牡丹のお竜さんの様な人。『あうん』の水田タミさん。どちらも若き藤純子さんやね。

▲ 映画『あうん』のポスター 引用

シャキッとしていても、涙もろい、お茶目なハンサムウーマ、毎朝8時30分前後のBS1『ワールドニュース』に登場する「F2 (フランス•ドゥ)」キャスター のアンヌ•ソフィー•ラピックスさんとか。

【仲良しになれない人】

いつも意味なく群れているのが好きな人、群れていないと不安な人、お山の大将、威張りん坊、恫喝する人、強固な意志の持ち主、人を見下す人、差別する人、女性を見下す 人、女性に優しくない人、男社会を押し付ける人、弱い(立場の)人に対して強く出る人、「愛」を他人に押し付ける人、例えば「愛国」「愛郷」「愛校」とか。精神の自由に介入する人、例えば「国歌斉唱」「国旗掲揚」を押し付ける人、保育園建設に反対する狭隘な心の人、本質的に(経歴とか学歴でなく)頭の悪い人、つまり自分でものを考えられない人。

【趣味】

カヌー、島めぐり(これまで東は小笠原島、西は与那国島、南は波照間島、北は礼文島、海外では台湾、フィリピン•カオハガン)

▲小笠原 父島

18歳の娘と電動自転車でツーリングすること、娘と蕎麦屋巡り、野鳥の餌つけ、下町めぐり(鬼平犯科帳・剣客商売・梅安登場場所めぐり)+飲食・飲酒、テレビ「孤独のグルメ」(テレビ東京)に登場した店巡り、おみくじ、占い

1991年以来クラシック・カメラ(オリンパスM1、ペンD3、F、FT ライカM3、Ⅲg )📷 📸 🎞でぶらぶら街角撮影、驚いてはいけない‼️この年、赤瀬川原平先生も”クラシックカメラウィルス”) に感染したという。デジカメはオリンパスE-P2のみ使用、オリンパスペンF(デジタル)か富士写真フィルムのデジタルX100F (『少女時代』のユナちゃんが使っているから)欲しいけど迷っている。あとはiPone7、iPadで撮影。

▲菊名『サミット』内の100円ショップ

最近はまっているのが、100円ショップでの逸品探検。

【好きな食べもの】

カワハギの刺身、しめ鯖(刺身ならなんでも好き)、肉豆腐、ナス・ピーマン・豚肉味噌炒め、ほっけ焼(魚)、しじみのすまし汁、茄子とタマネギの味噌汁、鯖の味噌煮、鯖のフライ、魚肉ソーセージ、マルタイラーメン 、チキンラーメン、新垣結衣ちゃんのCMを観て飲み物は「十六茶」一筋、(糖尿病で内緒だけれど)黒糖かりんとう、月餅( 中村屋、榮太郎)、大福(神谷町•上野 岡埜栄泉、音羽•群林堂)、栗蒸し羊羹(中野•虎月堂)、木村屋の白餡パン(銀座)、五勝手屋羊羹(北海道•江差)、羽二重団子(日暮里) 、カリカリ梅&梅干し、「黒豚餃子」(熊本・餃子の王国)、千枚漬け、すぐき(大藤) 、干し柿、ドライフルーツ(アプリコット、マンゴー、イチジク、レーズン)梅干し、らっきょう、ニンニクのたまり醤油漬け、同梅漬け、(最近ブームだけれど、昔から)40年近くウイスキー「角」のハイボールだったけど、ガッキーを登用して欲しいなぁ。「北雪」の純米酒(四ッ谷『万作』赤坂『とど』で飲めます)、「伊佐美」「紫尾の露」「すずめ」「一刻者」(芋焼酎)「寶焼酎ハイボールシークァーサー」(これに沖縄バヤリースのシークァーサー入り「四季柑100%果汁」+「寳酒造ピュアPACK25度」と氷とを混ぜるとさらに美味い)、アマローネ(ワイン)、「エビスビール」サントリーのノンアルコールビール  「オール・フリー」・・・きりがない。

【好きな店】

割烹・万作(四谷)、居酒屋・ほうろく屋(カワハギ刺身・横浜大倉山)、焼鳥・代官屋敷(大倉山)、寿司・はしぐち(赤坂)、おでん・志乃ぶ、中国&朝鮮料理・ママキムチ、洋食・キッチン南海(いずれも西早稲田)、煮込み・正ちゃん、居酒屋・赤垣(いずれも浅草)、もー吉(神楽坂)、タマル商店(新宿)、天ぷらの丸福(神保町)、洋風酒場・もゝ、大分料理•とど(いずれも赤坂)、焼き肉・東天閣(横浜)、ビール&メンチカツのビアライゼ(新橋)、立ち飲みのかねます(勝鬨橋)、九州じゃんがらラーメン(原宿、赤坂)、立ち食い蕎麦・峠(虎ノ門)、立ち食いきしめん<蕎麦、うどんあり>・鈴一(相鉄線横浜駅前)、そば処鞍馬、本むら庵(西荻窪)、いわもとの「たっぷり野菜蕎麦」(神保町)、とんかつ・つかさ(妙蓮寺)の並ロースカツ、丸八(大井町)、丸栄(自由が丘)、ラーメン花月(菊名)のガーリックエビ🦐🦐チャーハンも贔屓、魚料理の🐟魚平(千葉県小見川)、アメ横•文楽のニンニク味噌やき鳥、回転寿司の伊豆(横浜)。

▲とど(赤坂)

▲キッチン南海(早稲田)

▲志乃ぶ(早稲田)

▲ほうろく屋( 横浜•大倉山)

▲鈴一( 横浜駅•相鉄線改札口)

▲都市大の教え子わ交えて

▲万作( 四ッ谷•荒木町)

▲九州じゃんがらラーメン🍜(赤坂)

▲ 相鉄線横浜駅近くの伊豆( 回らないけど回転寿司の看板)

【苦手な店】

ナイフとフォークのみ使う店、やたらと静かな店、やたらと高い店、ネクタイを締めてないと入れない店、気取った店、つまり大衆酒場の反対の店‼️

【好きな野球チーム】

パリーグ   南海 ➡︎   ダイエー   ➡︎   ソフト  バンク ⇒ 日本ハム     セリーグ        広島 ⇒ 横浜

【贔屓のプロ野球選手】

大谷翔平、斎藤佑樹

【贔屓の歌手】

▲ZARD

▲ ちあきなおみさん、

テレサテンさん、中島みゆきさん、中島美嘉さん、サイモン&ガーファンクル

「Perfume」ののっち

【贔屓の女優】

『少女時代』のユナちゃん、

中江有里ちゃん、深津絵里ちゃん(大分出身だよ。関係ないか)、綾瀬はるかちゃん、すっかり演技派かつアクション女優だなぁ、長澤まさみちゃん、吉高由里子ちゃん、新垣結衣ちゃん(ガッキーをTVで見ると十六茶が飲みたくなり、深夜でもチキンラーメンを食べてしまう)

片山萌美ちゃん、吉岡里帆ちゃん、橋本愛ちゃん、山本美月ちゃん、広瀬すずやん(この幅広さ)お姉さんのリリーさんがメジャーになって良かったね❣️ このところ「少女時代」のユナちゃんがご贔屓、

もちろん中2の時から好きな若尾文子さん、酒井和歌子さんも     取り敢えず皆独身(のはず)

この他、浅草ロック座の五代目東八千代さん(引退したのか❓どこに居るのか分からないんだなぁ〜)彼女に出逢って、この世に『女神』がいることを初めて知った。モデルの青山めぐちゃん(『月曜から夜ふかし』に出る「もも時計」の人)も贔屓。

アナウンサーならテレビ朝日の松尾由美子ちゃん。我が家は毎朝彼女を見ながら朝食。なかなか好いお姉さん役を果たしているね。結婚したとか、そりゃ良かった。

新井恵理那ちゃん(ごめんなさい🙏🙇‍♂️『2軒目どうする?ツマミのハナシ』=2018年1月7日深夜放送=を観るまで、長い間「新垣」姓だと思い込んでいた。

可愛い子は、すぐ「新垣」だと思ってしまう。すんません。

『グッド !モーニング』は、コメンテーターもなかなか陣容がしっかりしている。ついつい毎朝5時半ぐらいからずーと8時までつけているね。鎌田靖さんが出ていた一時期はTBSも見てたんだけどね。

この後そのまま羽鳥さんのもつけていて、8時20分から40分ごろまでBS1の「ワールドニュース」で、F2 を観る。合間合間にNHKも見るけど、とにかく何かがあっても良いようにと、何となくテレビをつけているのは、NHK時代からの習慣だな。

【好きな映画】

日本の時代劇、「十三人の刺客」「四十七人の刺客」健さんも中井貴一ちゃんも良かった 。往年の片岡千恵蔵さん、東千代之助さんの時代から毎週のように映画館「グロリア」「杵築東映」に祖母と出かけた。小津安二郎作品「麦秋」「おはよう」などなど。ビデオで最近『秋刀魚の味』を見たが、岩下志麻さんの可愛い😍❤️💕こと、佐田啓二さんより息子の貴一ちゃんの方が、芸達者で、いい男だと思っている。

フランス映画、イタリア映画、「ローマの休日」「イル・ポスティーヌ」「ショーシャンクの空に」・・・とかね。

いまの邦画やドラマは、貴一ちゃんが出ていれば基本的に観る。例えば 「幸福のアリバイ」とかまでも。

【最近観た映画】

バリー•シール 、ミックス。、火花、羊の木、ペンタゴ•ペーパーズ、タクシー運転手、終わった人、何と言っても老人は1100円というシルバー料金が魅力だ。未老年(人)諸君‼️悔しかったら、早く60歳になりなさい。でも免許証を見せなくても入れてくれるのが悔しい。トホホ。

【好きな漫画】

深夜食堂(ビッグコミック・オリジナル:小学館)、孤独のグルメ、カムイ伝、外伝(小学館)、鬼平犯科帳、剣客商売、必殺仕掛人

【好きな作家と本】

藤沢周平、池波正太郎、宮城谷昌光、北方謙三、赤瀬川原平、坪内祐三、植草甚一 、山本夏彦、南方熊楠、吉本隆明各先生の作品 ロビンソンクルーソー、スイスの家族ロビンソン、大航海叢書など航海、探検もの、野田知佑さん、椎名誠さんのアウトドアエッセイ、ノンフィクション全般、週刊文春、週刊現代、月刊小説すばる、おとなの週末、きょうの料理ビギナー、モノマックス、キリがない

【好きな韓流ドラマ】

「太陽の末裔 」美人軍医 ユン・ミョンジュ役のキム・ジウォンさんが大の贔屓 沢山観てきた韓国の女優さんの中では「私の贔屓ベスト3」のひとりだ。WOWOの「サム、マイウェイ」に出ていた。ドラマとしては、「月桂樹洋服店の紳士たち」がお気に入りだった。

「オクニョ」を始め韓流時代劇は大好き❤😘💕「六龍が飛ぶ」「雲が描いた月明り」とかもね。それに「トッケビ」の女社長役のユ•インナさんが好いね。ドラマ自体も凄く面白い🤣🤣🤣ね。「シカゴ•タイプライター」「医心伝心」

今超イチオシが、「THE K2」「総理と私」に出ている『少女時代』センターのユナちゃん❣️韓国のガッキーか⁉️癒される〜

【テレビ番組】

2019年も、引き続き「二軒目どうする❓」この番組はゲストの質の差が大き過ぎる。ディレクターの趣味の良さ、悪さが歴然だね。とにかく松兄と大吉さんのコンビがいい。案内役の3人も分をわきまえていて、見ていて愉しい。

ドラマでは、詐欺話が好きで、以前長澤まさみちゃんが出ていた「コンフィデンスマンJP」をよく見ていた。近々我が家ご贔屓の『時効警察』の続編があるらしいと娘情報。楽しみだけど。

【呑み仲間 】

この1年よく飲んだ人:F木啓孝(BS11)、H比野研(フリーディレクター)、M山治(A日新聞)、M串栄一(元T京新聞)、H田滋(T京新聞)、A部欣司(テレビT京)、A田芳生(フリージャーナリスト)、T橋宗和(元N協会)、O野益通(老人力同盟)、M森直昭 (トイレ探検隊)、L 洪千(義兄弟 T京都市大学)それから若手では、I井克尚(K談社)、S父江崇(B藝春秋)、Y俊(元歌舞伎町NO1ホスト)私には息子がいないので、この3人のことを人に紹介する時は、「私の義理の息子」と勝手に言っている。3人とも笑って許してくれているところが嬉しいね😃😆😊😂。こうしてみると女性がいないのが凄い! ジジイになったと言うことやなぁ〜 。あっ🤭🤭🤭吉永みっちゃんがいた。嬉しい。

スポンサーリンク

フォローする