「 2017年05月 」一覧

出発の日はまもなく  /  587

出発の日はまもなく  /  587

このブログの題字のバックにある綺麗な景色、これは小笠原父島の海と浜辺なのだ。私がタラタラとⅡ期だけ87回も皆さんのお目汚しに、ブログを書いてきたのは、『小笠原便り』をスタートさせる……

記事を読む

義兄弟サシ呑み / 586

義兄弟サシ呑み / 586

私たちが主宰している一般社団法人「ゆかり協会」(代表F木啓孝)では、隔月最終土曜日に「ゆかりセミナー」を開催している。今月は神奈川県立がんセンター リハビリテーションセンター副室長……

記事を読む

チンギス紀と雄ちゃん忌 / 585

チンギス紀と雄ちゃん忌 / 585

    待望の『小説すばる』5月号が届いた。先週近所の石堂書店で立ち読みをしていたら、例によって”呼ぶ“ものがある。何だろうと思って書棚を見回すと、平台に立てて並べられた月刊誌の列……

記事を読む

教え子に”ご馳” になる /  584

教え子に”ご馳” になる / 584

「おまっさん、あす辺り飲みませんか?」「どうしたんや?会社首になったんか?」「まさか?」「転職するんか?」「違いますよ」「あぁ結婚か?」「いえいえ・・・」他人が聞いたら先輩と後輩の……

記事を読む

そろそろ虫  /  583

そろそろ虫 / 583

    娘の誕生日が終わったら旅に出るつもりだったが、弓立社の仕事が些か滞っていて、すぐにはホイホイと出られない。お陰で毎日タラタラ過ごしているのだが、そうするとついついモノを書き……

記事を読む

愉快なり怠惰な日々  /  582

愉快なり怠惰な日々 / 582

    このところ家の近所にしか外出しなかったし、ゴロゴロ寝転んで本を読んだり、TSUTAYAで借りた韓流の「推奴(チュノ)」を見たりして過ごしていたから、記録にとどめるほどのこと……

記事を読む

「相手にしていませんから」/ 581

「相手にしていませんから」/ 581

切り返しというのは中々難しいものだが、逆に絶妙なフレーズだと大向こうを唸らせ、追及した方が逆に赤恥をかく。その典型が、週刊S潮の「『文春砲』汚れた銃弾」という大見出しに対するB春側……

記事を読む

Seventeen  /  580

Seventeen / 580

5月16日、娘が17歳になった。南沙織さんが「17才」を歌ったのが、たしか私が大学2年生の時(1971年)だから、もう20歳になっていた。と、きのう(5月23日)まで思っていたが、……

記事を読む

金曜から夜更かし /  579

金曜から夜更かし /  579

義理の長男(と私が勝手に呼んでいるK談社のかつての担当編集者の)Iちゃんと親友(と私が勝手に決めている)のA日新聞のMさんと、午後5時半から昨日と同じお茶の水イカセンターで飲ん……

記事を読む

むくな豆  /   578

むくな豆 /  578

師範と弟弟子と飲む 昨夜(5月14日)は合気道の師範と私、それに弟弟子(弟弟子の方は黒帯、私は万年白帯で遥か昔にリタイアした)の3人で、ほうろく屋で飲んだ。このところ連日連夜の飲……

記事を読む

スポンサーリンク