立ち食いそば放浪記【60】<信濃路 蒲田店再訪>(1473)

再度、蒲田の『信濃路』に行ってきた。この店の好さを家人に話したところ、「私も行ってみたい」と言うので一緒に出かけた。これは『鈴一』(相鉄線横浜駅前) 以来のことで、私の方がビックリ〜びつくり😵😵😵。

まずはビール🍺🍻で乾杯。以後私はレモンサワー2杯、家人はハイボール。ツマミは私の大好物の「ナス味噌炒め」、家人は「どて焼き」はじめナス味噌の味噌の旨さに感激して、「おでんのこんにゃく」を注文。この味噌をタレに「田楽🍢」風にすると美味いの何の❣️❣️😋😋。さらに「コロッケ」「串カツ」と私以上に積極的で、他のお客さんのを見て「カレールーだけ」も。食べるたびに、「美味しいわね」「このコロッケのゴロゴロ感がいいのよね〜」と大喜び。「あの強い火力で炒めると美味しいのよ」とも。経営者でもないのに、ついつい「そう、美味しいでしょう♪♪」と自画自賛。

しかし私は流儀と原則を守る人間なので🤣🤣😅😅(冗談🤭🤭)、前回同様中座して、立ち食いそばカウンターへ。「なす🍆天そば」に「玉ねぎ🧅天」「アジ天」(イカ天が売り切れ)をトッピング、これで500円。

午後4時ちょうどに入って、1時間。隣の席のお兄さんがテレビ中継のカーリンを見ていて、私に試合の見方を教授してくれたり、逆に家人が右隣のオヤジに、「おでんならこんにゃくが美味しかったですよ」と初めて来たのに、勧めていたのには今日2度目のビックリ😵😵😵。生活様式や趣味が都会都会していて私と真逆だと思っていたが、「こういう人だったっけ⁉️」と彼女の意外な新しい一面を見ることが出来た🤣😊😍。

家人の〆は、椅子席での「きつね、ワカメうどん」。2人で4060円(立ち食いそば代500円を含めると4560円、1人2280円)。この安さにも彼女は大感激。もちろん🤣😁😁 私が払いました🤣🤣😍😍。 (取材:2月11日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク