立ち食いそば放浪記【64】< なるほ 森崎 北久里浜>(1477)

「きのこカレーそば」の名前に惹かれて、横須賀市森崎1丁目の『なるほ 森崎』に行って来た。京急線北久里浜駅から歩くこと30分。とにかく初めてなのでGoogle map頼りなのだが、このマップは🌀🌀🌀ぐるぐる地図が回るばかりで、何度も位置確認をするのだが、その都度検索名が勝手に変わってしまう。大きい地図で全体のどこに位置しているのかわかるが、近場に来るとこの調子だ。

途中高校生が大勢行き来するので、同じ方向に歩く男子生徒に場所を尋ねると、「うーん、ここだと『かつや』の裏側かな」と友達も見てくれる。「あーそうそう」と同意を得たうえで、「この道よりも、ちょっと戻ってあの横断歩道を渡って、左に曲がって少し行くと大きい通りに出る手前、ホンダの先に通りがあるから、そこを右に曲がるとありますね」と親切だった。近くにある横須賀学院の生徒だと思われる。ありがとう😀😀。

<カレーの跳ね除けに紙エプロンも用意されている>

 

店内は、郊外だけあって広い、広い。造りも風格があり老舗の蕎麦屋ぽいが、かなり新しい店だ。入ると右側が立ち食いコーナー、左側が椅子席で家族連れが食べていた。注文したのは、脇目も振らずコレのみ。700円だった。麺は注文してから茹で始め、カレーの具の中味は、豚肉とネギに、エリンギ、しめじ、舞茸、エノキダケの4種類のキノコ。カレーの汁(つゆ)は辛口だった。

とても気さくな女将さんとお兄さんで、妙蓮寺から探しながらやってきたと話すと、女将さんが、「白楽の上の(妙蓮寺ね)。味奈登庵ってあるでしょう、立ち食いじゃないけど」と尋ねたので、「店主が病気で閉店して、今は『山崎』というラーメン屋さんです」と応えると一気に話が弾んだ。とにかく他店情報にも詳しい。いくつか店名を上げながら、「あっ🤭🤭あそこは立ち食いじゃないわ」と教えてくれた上に、「好い趣味ね、私もやろうかしら」と。おー😵😵プロが参入する日も近いかもしれない。場所は『かつや』を目指すと、分かりやすいかもしれない。(取材:2月18日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク