立ち食いそば放浪記 【56】<新月 藤沢駅前> (1464)

このところ休み(田上・座間市)だったり、全椅子席(ごん兵衛・横浜市鶴見)だったりとハズレ続きで、些かゲンナリしていた。今日(2月6日)は、事前にSNSで確認しておいたので、正統派の「立ち食いそば」店であることは確認済みのJR藤沢駅斜め前、ビルの地下1階にある『新月』に初めて行って来た。

注文したのは、温かい「山菜そば」に、「なめたけ」と「きつね」、それに大好物の「玉ねぎ🧅天」をトッピングした。ワカメと水菜はサービスで700円。スタイルだけでなく、正統派の立ち食いそばの美味さ。甘辛の汁(つゆ)、大胆にも油揚1枚、豊富な山菜、なめたけも量が多い、その上、惜しみないサービストッピング、至れり尽くせり。イチ押し😍😍。

昨日の『ごん兵衛』では、唐辛子を入れすぎて、気管支に入り、ゴホンゴホンと咳をして顰蹙を買ったうえ、午後3時過ぎまで悩まされたので、今日は控えめにした。が最後はまたゴホンゴホン。今度は「誤嚥ですから」とハッキリ言った😅😅😅が、私は死ぬ時は誤嚥だろうと思っている。

とても感じの好い、シャキシャキとしたお姉さんが、1人で切り盛りしていた。近くだとせっせと通うのだが・・・。場所が初めてだと分かりにくいが、ビックカメラの向かいのビルの地下1階と事前に知っていれば楽勝。

東海道線から見る景色は、春の陽射しを浴びて穏やかな気持ちになれた。休みの日は部屋から出ることはほとんどなく、せいぜい自転車で買い物に近所のスーパーかコンビニに行く程度。庭でタバコを吸いながら、野良猫と野鳥を眺めることで1日が終わっていた。立ち食い蕎麦店巡りは、よく歩くし、知らない街をウロウロするのも愉しい。

今日も駅前で大道芸に見入ってしまった。マジックの芸もさることなが、話芸の方も達者だ。「コロナで去年は収入が全くありませんでした。お賽銭ではないので四角い方で」という言い方も嫌味ではなく、周囲を笑わせながら、間の取り方もいい。

みんなその言葉に釣られて、2枚、3枚と入れていく。私もそれに倣ったが、これもマジックだったかも🤣🤣🤣。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク