立ち食いそば放浪記【62】<鈴しげ 亀有>(1475)

新参者は、「学ぶは真似る」と考えているので、『立ち食いそばうどんの会』の、お歴々に倣って、亀有『鈴しげ』に行って来た。

選ぶまでもなく、温かい「なす🍆天そば」に「玉ねぎ🧅天」「ゲソ天」をトッピングして680円。カラッとした実に好い揚げ具合、甘露といえる汁(つゆ)、麺も私好みでスルスルと行く😍😍😍。もちろん椅子席もあったが、立って食べた。ここはかなり美味い。

この日(2月14日、あっ🤭🤭🤭バレンタインデーだ😮‍💨😮‍💨この歳では関係ないなぁ〜)は、月1回の定期検診で五反田まで出かけたので、蔓延防止中だったが、県を跨いだついでの越境入店だった😅🤣😍❣️。

初めての亀有。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(漫画自体は読んだことがないが、タイトルとお巡りさんの顔だけは超有名なので知っている)の主人公の銅像が至る所にあるのには、ビックリびっくり😵😵😵。

『鈴しげ』の向かいの公園のベンチに座ってボンヤリしていると、荷物をたくさん積んだ自転車を押した40代と思しき男性がやって来てタバコを吸い始めた。「えっ😨😨ここ、(タバコ)平気なんですか?」と尋ねると「あぁ朝から酒飲んでいる人もいるから」というのがきっかけで、話し始めた。「どこから来たの」「横浜の妙蓮寺からですよ」と応じると、「えーっ俺、神奈川区に住んでいたの」「おー神奈川区なら松見町に住んでいたことがあるんですよ。もう20年以上前ですが」と話が弾み、「白楽には今も両親が住んでいて時々帰るんだ」とも。

「酒屋で働いていたけどコロナで仕事がなくなって。仕方がないので友人がいるこちらに引っ越して来たけど、バイトのシフトが減ってね」と窮状を語っていた。帰りしな、「せっかく来たんだから、この辺は安くてうまい焼き鳥屋が多いんで、寄ってみたら」と親切だった。

駅まで戻るとガード下にも立ち食いそば屋が2軒あったが、どうなんだろう?次回新規開拓で行って見たい。(取材:2月14日)

 

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク