立ち食いそば放浪記【70】<福そば 人形町>(1485)

今日(4月11日)は、月1回の定期検診のため五反田まで出かけたついでに、今朝読んだ『立ち食いそばうどんの会』のメンバーSさんの『福そば』リポートに、「こりゃ旨そうだな」とついついガマン😣😣😣出来ず、氏が絶賛する「きつね」、それに以前書かれていた「だし巻き玉子」を食べに行った。

実は当初の予定は、天気も好いことだし東西線妙典駅から20分ほど離れた旧江戸川沿いにある、『あづま家』に行くつもりだったのが、SNSで調べると月曜日は定休日と判明。しょんぼり😣😣😣。しかし電車の中で読んだ件の投稿に魅せられて、急遽路線変更。しかも人形町は、五反田から京急線で乗り換えなし。

地上に上がってGoogle MAPを見ながら歩くのだが、遠いところは便利だが、至近に入ると🌀🌀🌀ぐるぐる回って使い勝手が悪い。私が上手く使いこなせていなにのかもしれないが、近くの大きい建物や有名店を目安にするのが好い。

店は、記者時代によく行った『玉ひで』、そう親子丼しか食べたことがないけれど、その向かいの通りに入って左側4〜5軒目のところにあった。私が大好きな正統派、本格的な立ち食いそば店だ。注文したのは、久しぶりに「ざるそば」。季節柄というかやはり今朝『会』の投稿で見た「ざるそば」と「とろろ」の組み合わせが忘れられず、迷うことなく。ところがここには、私が大大大好きな「辛み大根」があるではないか❣️😍👍💕😍。うーむ😥😥😥悩むなぁ。

しかし「だし巻き玉子」の存在を思い出し、「辛み大根」をのせて食べるのを常としてきたので、結局「ざるそば」に。「辛み大根」「きつね」「だし巻き玉子」で730円。食券販売機では、単品の「きつね」がないため100円の「大盛り」を代わりに買う。

<大量の鰹節を入れて出汁をとる様子が伺われた>

<私が大好きな典型的な立ち食い蕎麦店 椅子席無し。これぞ>

本日の第一のお目当ての「きつね」から戴く。「あ〜😮‍💨😮‍💨❣️❣️❣️」悩ましい甘さ。そこへ以前から気になっていた「だし巻き玉子」。「う〜む😟🙄🤔😍💕」嬉しい美味しさ。辛味大根との相性も好い。私が「あ〜😮‍💨😮‍💨」「う〜む😍💕」と悶絶するので、カウンター越しにお姐さんが、「だっ、だっ、大丈夫ですかぁ〜⁉️❓❓」なんて訊くわけないか。

目の前の天ぷらの種類の多さ、立派さ。とにかく日本酒が飲みたくなる。そばは生麺を茹でたもので、「ざるそば」に十分耐えうる旨さ。このは味といい、接客といい鉄板だった。次回は「天ぷらそば」にしなくては。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク