立ち食いそば放浪記【73】<えきめんや 京急川崎駅構内>(1488)

今日(4月13日) の「二軒目どうする❓そば屋の話」は、京急川崎駅構内の『えきめんや』で、温かい「濃厚海老出汁そば」を戴いた。生玉子をトッピングしたので、620円。

この「濃厚海老🦐🦞出汁そば」は、看板に偽り無しで、海老の旨味が存分に出ている汁(つゆ)は、「そば」と上手く”協調”し合って、「うどん」や「きしめん」では難しい、独特の深い味わいを醸し出していた。最後に汁を飲み干すのが勿体無いような、もちろんグングン飲んだが🤣🤣、とても好い味だった。満足、まんぞく❣️😍👍💕♬🎶。ひょっとしたら『えきめんや』に入ったのは、これが初めてかと思う。なかなかの好印象だった。

実はこちらを訪れたのは、「立ち食いそばうどんの会」のメンバーで内装が仕事の男性の投稿に、この場所も10年ほど前に内装を手がけたとあったのに、私が反応して、「そばを食べに行くだけでなく、お店も見に行かなくては👍👍👍>とコメントしたのがきっかけだった。昼は『山一』で、お腹がいっぱいだったが、やはり「そば」と「ネギ」と「納豆」と「茄子」では、時間が経てば、お腹は空いて来くる。それなら、「晩飯」ならぬ、「晩そば」は・・・と川崎まで足を伸ばし、店内の内装も、というより内装を、見に行った次第だ。

白とブラウンの木目調のツートンの壁面は、とても上品で落ち着きがあって、飽きが来ない作りになっていた。女性客が2人入っていたが、確かに入りやすい雰囲気を自然に出していた。

お世辞でなく、とても素敵な内装。私はお世辞と髪はゆえないので、ホント❣️😍👍💕🎶 

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク